海外FXでは当たり前?MT4を使ってみよう

MT4って何??

MT4(MetaTrader)とはロシアのメタクォーツソフトウェア社が提供している高機能トレードシステムツールになります。MT4は日本でも多くのトレーダーが利用していますが、日本ではまだまだチャートソフトとしての運用がほとんどです。海外ではMT4をトレードツールとして認識しており、どのFX業者もMT4を採用しています。

MT4の特徴

  • 無料で使える
  • 世界中のユーザーが開発したテクニカル指標を使うことができる
  • 世界中のユーザーが開発したEAも使うことができる
  • 自分でオリジナル指標やEAを作ることができる

自分で開発できることが最大のメリットですが、プログラミングができなくても他の人の開発したものが使えることで、初心者にも扱いやすいものになっています。

最近ではMT4の自動売買のEAを使って、取引する人も増えてます。

MT4を設定しよう

実際にMT4の設定方法をご紹介します。

①MT4インストーラーのダウンロード

口座開設したFX業者のサイトから稼働させるPCにMT4のインストーラーをダウンロードします。

②MT4のインストール先のフォルダを作成

1台のパソコンで複数のMT4を稼働させる人が大半ですが、どのMT4がどの口座に対応しているかを判別するためにインストール先のフォルダを作成する必要があります。

③MT4をインストール

インストーラーを開き、実行してください。ライセンス契約の同意、インストール先の指定を経て、インストールされます。

④MT4にログイン

まず立ちあげるとデモ口座の申請画面が開きます。デモ口座を利用される場合はここで必要情報を入力して下さい。また、すぐに本番口座を利用する場合はデモ口座の申請画面でキャンセルをして下さい。ログイン情報を入力する際は口座開設完了のメールを確認すると良いでしょう。

上記でMT4の設定は完了です。後はFX業者の指示に従って口座に入金しましょう。

MT4を快適に使おう

MT4をより詳しく

MT4の実績をグラフなどで表示するサービスがあります。特に「myfxbook」というサービスは世界中で使わせており、利用者数もトップです。日本人向けには「みんなのMT4」があります。よりMT4でのトレードが快適になります。

トレード状況の通知

トレードの発生時にメールやTwitterでつぶやく方法があります。パソコンばっかり見ている時間を省くことができます。

MT4の動作を軽くする

MT4の動作が重くなるとトレードにも影響があります。不要なインジケータやチャートは省きましょう。またニュースや音声も無効にしましょう。

 

無料FXEAって優秀?

EAって無料と有料はどっちがいいの?

FXでの自動売買をするにあたって、必ずいるのがEAになります。EAはエキスパートアドバイザーの略で世の中には多くの有料、無料のEAがあります。

有料は出所が明確であったり、サポートがあったりと安心できるものが多いです。もちろん正しく動作します(無料のものは動作しないことも多々あります)。しかし、有料であっても優秀でないと意味がなく、実際に優秀でない有料EAもあります。

有料、無料がEAの優秀さに影響しないならば、間違いなく無料がいいですね。また最終的には自分で作成していくものいいと思います。

EAの選び方

では実際に無料のEAを使おうと意気込んでも、どれを選べばいいのかが難しいです。自分にあったEAを探すためには自分のトレードスタイルや戦略を明確にする必要があります。

スキャルピング、スイングトレード、ナンピン・マーチンゲール、トラリピ等の戦略によってEAを選びましょう。

無料EAを探そう

自分にあったトレードスタイルや戦略が明確になったら、いよいよ無料EA探しです。しかし、まだまだトレードスタイルや戦略だけではEAを選び抜くことはできません。多くのEAを比較して決める必要があります。比較の際に気を付けることは2つあります。

バックデータ(過去検証データ)は信用してはいけない

多くのサイトで誇張表現とともに右肩上がりのバックデータが掲載させています。しかし、過去はあくまでも過去であり、これから利益がでるかはわかりません。悪質なものであると、負けトレードにルールを加えて、利益がでているように変えているものもあるくらいです。バックデータは参考程度に留めて、現在の結果であるフォワードテストを確認する必要があります。

フォワードテストは含み損をどれだけ抱えているかも要確認

「バックデータを確認し、フォワードテストでも利益がでているから安心!」というのは早計です。フォワードテストを確認する場合は含み損をどれだけ抱えているかも確認した方がいいです。フォワードテストの損益表示で右肩上がりでも、有効残高は減っていたりします。

 

初心者が使いやすいFXテクニック

FXのテクニックってどうなの?

FXを勝つためにテクニックを使う方がほとんどです。

しかし、トレード手法が決まっていないとテクニックに振り回されて終わってしまいます。「どこで買い、どこで売るのか」を自分で厳格に決めた上で、テクニックを使いましょう。

自分にあったテクニックを選ぼう

FXのテクニックは世の中に多くあります。多すぎてどれが自分にあったテクニックであるかを選ぶのも大変です。自分にあったテクニックを探すために、どんなテクニカル指標があるのかを理解しておく必要があります。

逆張りに向いている「オシレーター系」

買われすぎ、売られすぎを探し、その逆に動いて利益をつくる分析方法です。「RSI」や「ストキャスティクス」が初心者向けです。

順張りに向いている「トレンド系」

現状のトレンドに乗って利益をつくる分析方法です。「MACD」が初心者に向けになります。

その他

ほとんどは上記のどちらかに該当しますが、2つの要素をもったものや、独自の分析方法もあります。ただ、非常に複雑で初心者には向きません。

初心者向けテクニック3選

実際に初心者向けのテクニックをご紹介します。

 EMA(指数平滑移動平均線)を使ったテクニック

EMAとは指数平滑移動平均線の略になり、期間の終値の平均に加えて、直近の価格に比重をおきます。

EMAと使うにあたって、初心者まず3つの大原則を徹底しましょう。

  • EMAの上に相場がある時は買い
  • EMAの下に相場がある時は売り
  • EMAを相場が跨ぐ時は取引をしない

上記を徹底し、勝率をあげましょう。

レンジ相場で戦うテクニック

相場には、一定の値幅の間を上下するレンジ相場というものがあります。このレンジ相場の時に、上値でショートポジションを取って下値で決済、下値でロングポジションを取って上値で決済するテクニックがあります。これは1回の利益が少ない代わりに何度も利益を出し、勝率を高めていく手法です。

気を付けるポイントとしては、永遠にレンジ相場は続かないというころです。レンジを上抜けしたり下抜けしたりした場合に、レンジにまた戻るのかの判断が非常に難しいので、自分のルールに基づいて取引をすることです。

column-rangerate

出典: http://fxtrend.jp/column-rangerate.html

MACDを使ったテクニック

MACDとは移動平均線の要素に加えて、データが現在に近いものから価値の二重を高めた指標になります。読み方がシンプルで初心者に人気になります。ゴールデンクロスと呼ばれるMACDがシグナルを下から上に抜ける時があります。この時は買いになります。また、デッドクロスと呼ばれるMACDがシグナルを上から下に抜ける時があります。この時は売りになります。

だましもあるので、ゴールデンクロス、デッドクロスの信憑性を確かめる手法としてMACDとシグナルの交差する角度をみます。この角度が大きいほど信憑性の高いサインになります。

 

EAツールを使って自動FX取引を

そのそもEAって何?

EAとはエキスパートアドバイザーの略になっており、FXのトレードを手助けするツールになります。その中でもFXの取引の一種の自動売買に用いて、EAを使って機械的にトレードを行う手法があります。EAと使った自動売買には多くのメリット・デメリットがあります。主だったものは下記になります。

【EAを使った自動売買のメリット】

  • ・時間がない人でも取引をガッツリできる
  • ・損切りや投資に対して悩まない

【EAを使った自動売買のデメリット】

  • ・急激な市場の変化に対応できない
  • ・長期のトレンド市場で負けやすい

上記のメリット・デメリットを踏まえた上で、EAを使った自動売買をしましょう。

EAで自動売買をするために必要なステップ

いよいよEAで自動売買を始めるための必要なステップをご案内します。

①24時間稼働させるPCを準備する

自動売買を安全にするためにVPSを準備します。VPSとは「Virtual Private Server」の略で平たく言えば、レンタルサーバーのことになります。

② 使う予定のメタトレーダー対応の口座を開設する

使う予定、もしくは使っているメタトレーダーを開設する必要がありますが、すでに完了している人は飛ばしてください。

③ メタトレーダーをインストールする

準備したPCにメタトレーダーをインストールして下さい。

④ EAを入手する

自分にあったトレードスタイルを踏まえて、EAを探しましょう。過去検証データを掲載しているものも多くありますが、あくまでも過去のデータなので参考程度にしましょう。また、ロジックを公開されているものの方が安心です。

自分が納得のいくロジックかどうかが分からない状況で、負けてしまうと心残りもありますし、改善もできません。

⑤ EAをメタトレーダーにセットする

EAを入手したら、メタトレーダーにセットして自動売買を開始しましょう!

EAとの上手い付き合い方

最近では自動売買をされるトレーダーも増えてきました。その分、「必ず勝てる」みたいな謳い文句も多く見られます。上手く付きあうためには、全てをEAに任せるのではなく、いくつかに分散させて投資をするべきです。

自分でも運用するものをメインとし、投資の2割から3割をEAに任せて自動売買するのがリスク回避になります。

FXのテクニックを覚える前に・・・

FXのテクニックに溺れないための心構え

FXで勝つ人は何割いるのでしょうか。1割から2割とよく聞きます。その中でも大勝ちしている人はほんの一握りです。ほとんどの方は頑張って少しの利益を得たり、負けたりしているのが現実です。ただFXを始める理由が何であれ、それでも負けるつもりで始める方はいないと思います。

ここで伝えたいのは、「FXは負ける人がほとんどである」ということです。つまり世の中に多くのFXテクニックがありますが、そのテクニックは上手くいきません。もちろん、勝つこともあります。なので正しく言うと、「FXのテクニックは上手く行く時もあるし、上手くいかない時もある」となります。

特によく損切りできずに、大負けをしてしまうなんて話があります。やはりテクニックを使っても、損切りをしなければいけない状況は多々あるのです。

FXのテクニックを必勝と信じ込まずに、1つの手段、手法を割り切ることが重要です。

基礎を押さえてからテクニックを使おう

FXで負ける人に「●●のテクニックを使ったがダメだった・・・」と嘆く人も多いでしょう。しかし、そもそもFXの基礎を押さえていない人が多いと思います。

これから始める方も、既に始めている方ももう一度確認しましょう。

【FXの基礎】

・スプレッドの狭い業者を選ぼう

そもそも利益をだすためにやるならば、コストを抑えることが大前提です。目先のテクニックを使う前に環境を整えましょう。

・複数の業者を使い分けよう

短期、長期にあわせて業者をかえたり、テクニックにあわせても業者をかえたりします。また情報収集用もあっていいかもしれません。

・レバレッジを確認しよう

初心者がレバレッジを高くしても危険なだけです。逆にいつまでも低いレバレッジで続けても利益を増やすのは難しいです。自分の習熟度とレバレッジがあっているかを確認し、少しづつレバレッジをあげていきましょう。

自分にあったテクニックを探そう

FXのテクニックはトレードスタイルによっても大分変わってきます。なので自分のトレードスタイルは何かを確率する必要があります。

大きく分けてデイトレ、スイング、長期保有になります。そのトレードスタイルがある上で、FXのテクニックをどんどん使いましょう。

乖離率をつかったFXテクニック

そそも乖離率って何??

乖離率とは正式には「移動平均乖離率」といって、現在値が移動平均線からどれくらい乖離しているかを割合で表したものになります。

乖離率の計算式は

乖離率={(当日の終値-移動平均値)÷移動平均値}×100

となります。

これを分析することで、その相場が行き過ぎているかを把握できます。

そして、相場の回帰性を利用してトレードするものです。

乖離率を使ったテクニックって何??

レンジになりやすい通貨ペアにおいて、逆張りエントリーの乖離率を決めてトレードするのが良いと思われます。

・移動平均線から一定の値を超えて下方乖離したら買い

・移動平均線から一定の値を超えて上方乖離したら売り

上記のような決めが重要です。

トレンド相場では、トレンドと同じ方向に乖離率が動いたとしてもあてになりませんが、

トレンドと反対の方向に乖離率が動いたら、エントリーのタイミングになります。

これは、押し目や戻りを形成したことと捉えることができるからです。

また、乖離率が高いタイミングでエントリーしないという風に決めておくと、

天井囲みを防げるので、事故を防ぐための指標としても使えます

乖離率を使ったテクニカル分析の罠

だましが多いので、逆張りであるとリスクが高くなりやすい傾向にあります。

一方通行のトレンドが発生することがあるので、損切りをする覚悟が必要です。

なので基本的に逆張りになるので、損切りできない人には向きません。

また、いつ回帰するかは分からないので、短期的なトレードで使うのは難しいです。

月足、週足、日足、時間足等を見た上で、分析したほうがいいです。

あくまでもサポート的な指標として使うのがいいかもしれません。

両建てテクニックってFXで使える?

乖離率、スキャルピングトレード、デイトレーニング…

FXの投資方法は色々ありますが、今回は両建てという投資方法を紹介します。

両建てとは、ナンピンと同じように損失リスクを抑えて投資する方法です。

両建ては、損失をカバーしやすい守りの投資方法

両建てとは一つの通貨に対して買いのポジションと鵜利のポジションを持つことで、相場が下落した場合にも損失と利益が相殺させる方法です。例えばポンド/円で両建てを行った場合を想定してみましょう。

0110_online01

出展:http://www.i2i.jp/fx/pro/2014/01/fx_21.php

この状態では損失はー700円で固定されています(-100円―600円)。

0110_online02

出展:http://www.i2i.jp/fx/pro/2014/01/fx_21.php

このように、価格が動いても損失のー700円は変わりません(1700円―2400円)

つまり、両建てを行うことで最初にかかるコスト以上に損失を生まないことがわかります。

買いにも売りにもポジションを取るとリスク低減できるなんて、当たり前のように思えますよね。

ではどういう目的で両建てを使うべきなのかもう少し詳しく見てみましょう。

両建ては実際にはどんな時に使うと有効なのか

両建てを使う最もポピュラーな場面がつなぎ売り。

例えばアベノミクスのような強い上昇トレンドがある場合でも、日足単位で見ると必ず押し目があります。

 

ダウンロード

出展:http://fx-works.jp/ryoudate-houhou/

このような大きなトレンドの中では買いポジションを維持・拡大しながら最終利益を大きくしていくことに加え、同時に反対売買を行い下がった分の利益を確保することで小さな利益を重ねることが可能です。

このような方法をつなぎ売りと呼び、つなぎ売りの際には両建てを行うことでリスクヘッジを行いながら最大利益を目指せます。

ただし押し目のタイミングを読む方法はしっかりとトレンドを追いかける必要があり、非常に難しいのでさらに勉強する必要があります。

両建てを使う際に注意すべきこと

少し難しそうだけど便利な両建てですが、

・あまりに為替変動が大きい場合、売りでも買いでも両方のポジションで損失が出る場合もある

・そもそも一部のFX業者では両建て自体できない

といった点もあるため注意が必要です。

まず、そもそも両建てができるFX業者を選び、しっかりと分析してトレンドを読み外さないことが大切になります。

ナンピンって何?FX守りの投資方法

大手銀行の買収の噂や安保条約、米国の州知事選挙…

しっかりとニュースを頭に入れて行ったファンダメンタル分析に加え、テクニカル分析も十分に行い円安/ドル高に動くと予想。そこでドルを110.00円で50枚の買いポジションに入れました。

しかし大手銀行の買収は実現せず、予想に反して相場が104.00円まで下落。

もしもこんな状況なら、あなたはどうしますか?

このような、予想に反して逆トレンドになってしまった時の攻めの動きとしてナンピンという方法があります。

 

nannpin

出典:http://www.lfx.jp/nanpin.html

ナンピンとは、損失時に買い増しして買いの平均価格を下げる方法

上の例ような場合に為替相場が戻るだろうという予想の下、追加で買い増しする投資方法をナンピンといいます。例えば最初に110.00円で50枚の買いポジションに入れていた状態から、104.00円でさらに50枚追加することで買いの平均価格は107.00円まで引き下げることになります。

この状況なら相場が104.00円まで戻った時点で損失を出さずに済むということになります。

また、買い増しを倍の100枚にすることで買い平均価格を106.00円まで引き下げる倍ナンピンという方法もあります。

ただしナンピンはトレンドと逆方向に投資する方法であるため、かなりハイリスクな投資方法です。ナンピンで強制ロスカットになるまで損失が膨らんでしまうことも起こるため、慎重に動く必要があります。

ナンピンで損失を拡大しないためには?

ナンピンで失敗する人と成功する人の大きな違いはしっかりとした根拠の下、買い増しを行っているかどうかです。「損失をなんとか取り戻したい」とか「なんとなく相場は戻るはず」といったように根拠に基づいていない買い増しは非常に危険です。

世の中の大きな動きがなければトレンドが逆転することはなかなかありません。ですので「銀行の買収は失敗したのではなく、実は社長引退のタイミングまで先延ばしされただけで必ず近いうちに実現する」といったように、レンドが逆転するほど強い根拠がある場合に買い増しを行うと、失敗どころか大きな利益に転換することもあります。

しっかりと分析を行うことで難易度の高いといわれているナンピンも成功させましょう。

スキャルピングトレードをFXで使いたい

そもそもスキャルピングトレードって何?

スキャルピングトレードとは1日で取引を完結させるデイトレードの一種です。その中でも極端に保有期間が短い取引のことをスキャルピングトレードと呼びます。

特徴として、保有期間が短いので利幅が薄くなりますが、勝率は高くなる傾向があります。

 

スキャルピングトレードのメリット・デメリット

メリットとしてスリリングなゲーム感覚で取引ができます。瞬間の値動きを利用して利益を出すので、瞬発力のある判断力が必要です。ここができるようになれば、楽しく取引ができるるのではないでしょうか。

特に慣れればトレードが利益になる確率も高くなります。

一番のデメリットは手数料がかかることです。取引回数が増えれば増えるほど手数料はかかりますので、かなり利幅が減ります。利幅が少ない分、高いレバレッジで取引をすることが定説ですが、その分リスクも自ずと上がります。

また、取引している間はPCの前にずっといる必要もあります。その時間と集中力がない人には向かないでしょう。

スキャルピングの適した通貨ペアと時間帯

スキャルピングは短い値動きを利用するので、値動きがある程度大きく回数もある相場が良いです。

その上で取引回数が多くなるので、取引コストが小さい通貨ペアが適しています。ドル/円、ポンド/ドルなどが挙げられます。

上記の通貨ペアに合わせ、東京指標発表、ロンドン市場の開いた後、ニューヨーク市場が開いた後などが適した時間になります。

まとめ

スキャルピングトレードは基本的にテクニカル分析を用いて考えます。

集中力と判断力を要するこの手法は初心者には向かないでしょう。

しかしそこが醍醐味でもあるので、慣れてきたらいかがでしょうか。

FXデイトレーニングのテクニック

FXの取引方法として代表的なのがスキャルピングデイトレーディング。スキャルピングは数秒~数分の超短期間に売り買いを行うのに対し、デイトレーディングでは数分~数時間かけて売り買いを行います。どちらの方法も短期的な利益を目指す取引手法ですが、今回はデイトレーシングの方法と勝つためのコツを紹介します。

day_scalp

出展:http://www.lfx.jp/daytrade.html

FX投資方法のデイトレーディング

超短期取引のスキャルピングでは何回もの取引で小さな利益を積み重ねるのに対し、デイトレーシングでは1日の中で100pips程度の利益を目標に取引を行うことになります。

ただし、寝ている間に大きな為替変動が起こり、損失を出してしまうことを避けるためにも

1日で取引を完了させ、ポジションを0に戻すことが基本となります。

デイトレーディングでプロと戦っても勝つコツ

基本的にFX取引ではプロのトレーダーと戦わなければなりません。そう考えるととても難しく聞こえるかもしれませんが、特にデイトレードの場合は以下のポイントを抑えていれば十分に勝機があります。

・損切りライン、利食いポイントを予め決めておき、取引スピードを落とさない

FXではたった数秒で何百万円も得をしたり、損をしてしまうことがあります。例えば⒑万円儲かった場合でも利食いポイントを上回っているのであれば「もう少し上がるかもしれない」なんて欲は捨てて、サクッと取り引きしてしまうことが大切です。

・手数料もシビアに見る

業者によっては“デイトレーディングの場合、取引手数料が無料”という場合もあります。まずはデイトレーシングだけを行うという方は業者選びもしっかり手数料を見て決めましょう。

・通貨ペアは為替変動が大きく、スプレッドが小さいのもを選ぶ

短期取引となるため為替がしっかり1日の中で動いて、スプレッドが小さい通貨ペアを選ぶ必要があります。

・取引を行う時間は海外の取引市場の動きに合わせ、日本時間で9~11時、16~18時、22~24時に行う

海外の取引所や個人投資家が動きやすい時間は為替変動も起きやすくなります。市場の動く時間に取引することが上手くデイトレードを行うコツです。

 

デイトレーディングは初心者でも行いやすい取引方法なのでトライしてみましょう。