初心者が使いやすいFXテクニック

FXのテクニックってどうなの?

FXを勝つためにテクニックを使う方がほとんどです。

しかし、トレード手法が決まっていないとテクニックに振り回されて終わってしまいます。「どこで買い、どこで売るのか」を自分で厳格に決めた上で、テクニックを使いましょう。

自分にあったテクニックを選ぼう

FXのテクニックは世の中に多くあります。多すぎてどれが自分にあったテクニックであるかを選ぶのも大変です。自分にあったテクニックを探すために、どんなテクニカル指標があるのかを理解しておく必要があります。

逆張りに向いている「オシレーター系」

買われすぎ、売られすぎを探し、その逆に動いて利益をつくる分析方法です。「RSI」や「ストキャスティクス」が初心者向けです。

順張りに向いている「トレンド系」

現状のトレンドに乗って利益をつくる分析方法です。「MACD」が初心者に向けになります。

その他

ほとんどは上記のどちらかに該当しますが、2つの要素をもったものや、独自の分析方法もあります。ただ、非常に複雑で初心者には向きません。

初心者向けテクニック3選

実際に初心者向けのテクニックをご紹介します。

 EMA(指数平滑移動平均線)を使ったテクニック

EMAとは指数平滑移動平均線の略になり、期間の終値の平均に加えて、直近の価格に比重をおきます。

EMAと使うにあたって、初心者まず3つの大原則を徹底しましょう。

  • EMAの上に相場がある時は買い
  • EMAの下に相場がある時は売り
  • EMAを相場が跨ぐ時は取引をしない

上記を徹底し、勝率をあげましょう。

レンジ相場で戦うテクニック

相場には、一定の値幅の間を上下するレンジ相場というものがあります。このレンジ相場の時に、上値でショートポジションを取って下値で決済、下値でロングポジションを取って上値で決済するテクニックがあります。これは1回の利益が少ない代わりに何度も利益を出し、勝率を高めていく手法です。

気を付けるポイントとしては、永遠にレンジ相場は続かないというころです。レンジを上抜けしたり下抜けしたりした場合に、レンジにまた戻るのかの判断が非常に難しいので、自分のルールに基づいて取引をすることです。

column-rangerate

出典: http://fxtrend.jp/column-rangerate.html

MACDを使ったテクニック

MACDとは移動平均線の要素に加えて、データが現在に近いものから価値の二重を高めた指標になります。読み方がシンプルで初心者に人気になります。ゴールデンクロスと呼ばれるMACDがシグナルを下から上に抜ける時があります。この時は買いになります。また、デッドクロスと呼ばれるMACDがシグナルを上から下に抜ける時があります。この時は売りになります。

だましもあるので、ゴールデンクロス、デッドクロスの信憑性を確かめる手法としてMACDとシグナルの交差する角度をみます。この角度が大きいほど信憑性の高いサインになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です