ナンピンって何?FX守りの投資方法

大手銀行の買収の噂や安保条約、米国の州知事選挙…

しっかりとニュースを頭に入れて行ったファンダメンタル分析に加え、テクニカル分析も十分に行い円安/ドル高に動くと予想。そこでドルを110.00円で50枚の買いポジションに入れました。

しかし大手銀行の買収は実現せず、予想に反して相場が104.00円まで下落。

もしもこんな状況なら、あなたはどうしますか?

このような、予想に反して逆トレンドになってしまった時の攻めの動きとしてナンピンという方法があります。

 

nannpin

出典:http://www.lfx.jp/nanpin.html

ナンピンとは、損失時に買い増しして買いの平均価格を下げる方法

上の例ような場合に為替相場が戻るだろうという予想の下、追加で買い増しする投資方法をナンピンといいます。例えば最初に110.00円で50枚の買いポジションに入れていた状態から、104.00円でさらに50枚追加することで買いの平均価格は107.00円まで引き下げることになります。

この状況なら相場が104.00円まで戻った時点で損失を出さずに済むということになります。

また、買い増しを倍の100枚にすることで買い平均価格を106.00円まで引き下げる倍ナンピンという方法もあります。

ただしナンピンはトレンドと逆方向に投資する方法であるため、かなりハイリスクな投資方法です。ナンピンで強制ロスカットになるまで損失が膨らんでしまうことも起こるため、慎重に動く必要があります。

ナンピンで損失を拡大しないためには?

ナンピンで失敗する人と成功する人の大きな違いはしっかりとした根拠の下、買い増しを行っているかどうかです。「損失をなんとか取り戻したい」とか「なんとなく相場は戻るはず」といったように根拠に基づいていない買い増しは非常に危険です。

世の中の大きな動きがなければトレンドが逆転することはなかなかありません。ですので「銀行の買収は失敗したのではなく、実は社長引退のタイミングまで先延ばしされただけで必ず近いうちに実現する」といったように、レンドが逆転するほど強い根拠がある場合に買い増しを行うと、失敗どころか大きな利益に転換することもあります。

しっかりと分析を行うことで難易度の高いといわれているナンピンも成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です